寝室の環境を変える|モットンや体圧分散敷布団で健康的な睡眠をゲットしよう

寝室の環境をチェンジで、体圧分散敷布団の効果を引き出す!

寝室の環境を変える

寝室

温度と湿度

寝具を変えることで、大きな効果を得ることができると考えられています。例えば、体圧分散敷布団を使えば、寝不足の解消に役立つでしょう。ですが、寝室の環境改善を行なうことで、効果は倍増します。まず、温度ですが26℃未満が理想です。冬場であれば、15℃以上に保ちましょう。寝具さえしっかりとしていれば、26℃でも問題ないのです。湿度に関しては50%から60%が適しています。夏場は少し高めにしましょう。サーキュレーターで空気を回せば、湿気も溜まりにくいと言われています。

照明や寝具の置き場所

寝室に窓がある場合は、朝に太陽光を浴びることができる場所に敷布団などの寝具をセットしましょう。太陽光を浴びることで、体内時計のリズムを整えることできるのです。朝の目覚めも良くなるでしょう。基本的に西日が入る場所は避ける必要があります。また、部屋の地下に水脈がある場合は寝室に向いていません。磁場の影響があるからです。照明は少し暗めが良いでしょう。間接照明なら、光が直接目に入ることがないので、入眠しやすいとされています。できるだけ目線より下に照明を配置しましょう。

快眠に効果的な食べ物

香辛料

香辛料は体を温めてくれる効果があります。ニンニクや生姜、唐辛子などです。適量を食事に取り入れると良いでしょう。

ハチミツ

ハチミツにはトリプトファンが豊富に含まれています。ホルモンを分泌させる働きがあり、快眠効果が期待できるでしょう。

ナッツ類

ナッツ類にもトリプトファンが豊富に含まれています。夕食後に少量摂取すると良いでしょう。ただ、油分を含むため、少量がベストです。

乳製品

ヨーグルトや牛乳、チーズなどにも快眠効果が期待できるでしょう。また、温めて摂取すると効果が高まります。温めてみましょう。

広告募集中